ナザレン教会の信仰~わたしたちは何者か そして何を信じているのか~

日本語版ナザレンエッセンシャルズ 『ナザレン教会の信仰』出版によせて

理事長 古川 修二

 世界中で、ナザレン教会の牧師、信徒、新たに教会員となった人々から待望されていたナザ レン教会の基本的な教え、歴史、神学、使命等についての小冊子『Nazarene Essentials』が発 行されました。それが日本語に翻訳、出版されることを心から喜び、このために多大の労を取っ てくださった方々に感謝し、主の御名を崇めます。

 ナザレン教会には、教会規則「マニュアル」があり、日本の私たちには、2004年に改訂 された「ナザレン教会信徒必携」がありますが、今回発行された「ナザレン教会の信仰」で、 私たちはナザレン教会について、より簡潔に、より深く理解することができるようになりました。 何よりもナザレン教会が大切にしている基本的な教え、世界の人々と共に目指している共通の 使命について理解を深めると共に、これを繰り返し読み、実践することによって、「喜びをもっ て主に仕え、主に信頼して善をおこない」聖霊によって、実を豊かに結ぶ者とされることを確 信致します。

 ナザレン教会はキリスト教会の歴史の一部であることを信仰として告白しています。私たち の教会の歴史はキリスト教会の歴史の一部です。そしてナザレン教会は、プロテスタント宗教 改革を原点とし、18世紀のウェスレーの信仰復興運動に由来し、「キリスト者であること、聖 なること、宣教的民であること」という三つの核を「私たちが最も大切にすること」として自 覚し、「国々でキリストに倣う弟子を作るために」という宣教標語を掲げて前進してきました。

 その宣教的情熱を失うことなく、ナザレン教会は「中庸の道」を歩んで参りました。様々な 問題や課題に対して、両極端の立場をとることなく、可能な限り、聖書的にバランスのとれた 道を目指してきたのです。それは単に中間を歩むというのではなく、キリストの弟子たちが目 指した福音宣教と社会活動、そして教育に最初から力を注ぎ、主イエスに救われ、聖なる者と され、全き福音に生きる聖化の道を歩んできたということです。この恵みをすべての人々と分 かち合い、福音が力強く前進し、教会が美しく建て上げられ、主の栄光を現すことができます ようにと祈ります。

 なお、ナザレン教会は、「それぞれの文化的特質を完全に受け入れた上で、信仰者の世界的交 わりに基づく世界教会」であることを認めています。そのことを喜びつつ、「ナザレン教会の信 仰」に、追記として「日本ナザレン教団宣教宣言」を掲載させていただきます。

Tabs